Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

選択することで好きのレベルが上がる理論

好きなことはなんですか?って聞かれても、スパッと出てくることがなかなか無い。

そもそも、「好き」って何?「好き」を言語化するのって難しくない?

 

ということを思ったので、今日は待ったく科学に基いていない自分の(いま思いついた)妄想理論を紹介します。その名も、「好きだから選択するんじゃなくて、選択するから好き(だと思っているだけ)理論」です。

 

まあ、ただ単純にそれだけなんだけさ。

 

先に結論ですが、人間は1日に何回も選択をすることで人生をつくっていると思います。その選択の積み重ねが「好き」を作っているということです。

 

例えばスタバにいてソイラテにするかティーラテにするかを迷っているとします。そこで、店員さんが「ソイラテおすすめですよー!」とか言うので、ソイラテを選択しました。その時点で、脳は

 

脳氏「あ、俺、ソイラテ好きなんだな。」

 

ってまず、思います。でももしそこで美味しくなかったら

 

「やっぱり、ティーラテのほうが良かったなー、次回はティーラテにしよう。なのでこのコトを海馬に記憶させておこう」

 

って思うんです。なので、次回はティーラテを選択するじゃないですが。そしたら

 

「あ!やっぱりティーラテはソイラテより良いね!」

 

ってなるわけです。良し悪しは相対的なので、ここで初めて2つの商品に良し悪しが生まれるんですね。これができた時点で、これ以降、脳はティーラテを選択しやすくなるのです。

 

そして、これ以降も脳は、海馬という名の内部ストレージにスタバの商品を登録して、その中からそのときの気分や気温などを考慮して、今日はどのドリンクにするかを選択するのですが、相対的基準の高いティーラテが選択されやすくなるのです。その選択のフィードバックとして、「好きレベル+1」が生まれます。その循環でどんどんティーラテを好きになります。

 

こういうことです。このとき、人間は「自分は好きだから選択をしている」を無意識に思っておりますが、実は、「選択しているから好きだ」ということなんです。

 

ここをはっきりと意識することで、「実はホントは好きじゃいないもの」だったり、「実は好きなもの」が見えてきたりします。

 

例えば居酒屋に行って、自分が特に何も考えずに注文したものをメモ(レシートでも可)しておいて、それのデータを取ってみてください。自分は居酒屋に行ったら「チキン南蛮」が好きだと思っていましたが、実は、「カルボナーラ」のほうが注文していたりします。あれ?自分の脳ってそういう順位付けになってるんだ〜という感じで自分の好きを可視化できるはずです。

 

これは実は、恋愛関係もの言える話で、

 

「好きだから、付き合っている」

 

というのは、実はそうではなくて、

 

「付き合っているから、好き」

 

ということなんです。

 

好きか無関心かわからない状態って、付き合っている以上すごくあると思っていて、それは何故かと言うと、「好きだから付き合う」という方程式が日本で一般的になっているからで、

 

「付き合ってるということは・・・俺は相手のことを好きなんだよあ」

 

って自分のマインドをコントロールしている状態でもあるんです。

つまり、付き合っているという事実があると、本当の「好き」がぼやけてしまうのです。

 

でも実は、好きか無関心か分からない状態では、人間は「選択」をしなくなっているはずです。まじで好きと思っていた時代だったら選択していたことも、今は選択しなくなっている。

ということは、好きではなくなっている証拠ではないでしょうか。

 

なので、付き合ているときに、

 

「好きだから付き合っている」

 

という考えを一旦外してみて、「付き合っているから好き(と思っている)」と考えてみると、いいかもしれませんね。そうすることで、本当に好きか否かを脳にアクセスして確認できると思います。

 

 

つまり、無意識に選択しているもの(例えば、コンビニでついつい買っちゃうもの)にフォーカスをして、あ、自分はこれを選択するということは、好きなんだ。っていうのを考えながらいきると、このブログの冒頭で言った

「好きなことはなんですか?」

という質問にすんなり答えられるようになるかもしれないですね。

 

どうでしょう。いみわからない理論ですね。(笑)

 

 

おわり。

ドライブデートに誘うときの最強の誘い文句

なんか知らないけど、パンクロックとか聞いたときに気持ちが高鳴って、アルコールを飲んだときの様はHighな気分になる瞬間あるじゃないですか、そのときの高鳴ってるFeelingを共有できるなにか、革命的ツールがほしいです。

 

いきなりだけど、

 

最近、すっごいいい音楽見つけたんだけど、一緒にドライブしながら聞かない?絶対に気に入ると思うよ

 

っていうデートの誘い文句を今さっき思いついたんですけど、これ良くないですか?いきたくなりません?(え?男の勘違いシリーズ?)

 

ここで言っている「いい音楽」っていうのは、メロディーてきにノリノリのなれる曲で、いくつか例を挙げると(最下部に5個上げた)、あんな感じです。

 

たぶん誘われた女子からしらたら、下で上げた洋楽パンクロックシリーズは初耳となるでしょう。しかし、それがいいんです。

全く未知な領域のものを、

これよくない?

ってノリノリな感じで楽しそうにドライブしながら言えば、良いように聞こえ、そのデート誘われた女子も、なんだかしらないけど、洋楽パンクっていいねってなるんです、これは(試してないけど)間違いない。

 

しかも「絶対に気に入る」ていう無責任なワードを誘い文句に入れることで、さらに興味をもたれること間違いなし。

 

なので、ぜひ、上のセリフを使ってデートに誘ってみてください。

 

【おすすめの流すべき音楽5選!!!!】

・これとか

 

・これとか

 ・これも

 

・これも

・さいごはこれ 

今週のお題「新しく始めたいこと」

今週のお題「新しく始めたいこと」

 

まじすげーうまくてコシの強い、さぬきうどんを打てるように香川に10日間位留学したい。

 

おわり

結婚したくない男の話

比較的に仲の良い男の友人が結婚しました。加えて、すでに子供がいるそうです。これは驚きました。恋の終わりが意外と静かなように、友人の結婚報告も意外と静かでした。

 

ちなみに、ぼくはまだ結婚と言うものを1ミクロンも考えていません。1ミクロンがどれくらいか自分でも理解してないので、どれくらい考えていないかを例えると、小学3年生のサッカーに夢中になっている男の子にいきなり、

ねえ!行きたい大学きまった?センターは日本史Bで受験?

って質問するくらい。

そのくらい、まだまだなことだと思っています。きっとこう思っている25歳男子はまだまだ多いハズ!!なんですけど、そんな俺が「結婚」を2秒位意識したタイミングがあったのでそれについてかきますね。

 

これはいつも仲の良い3人で遊んでいたときの話。

 

私はイギリスに行ってたので、その友人3人であつまるのは約2年ぶりくらいで、いつもの新宿歌舞伎町のちかくにある映画館のあたりの居酒屋で2時間位のんでいるときに、「結婚したこと」と、「もう子供がいること」を聞きました。そしてその別の友人はもう「結婚を前提に同棲している状態」だということをその同じタイミングで知りました。

 

10時くらいにその居酒屋を出て、いつもだったらそのまま何かしらの映画をみるんです。その3人で。なので、いつもどおり俺が

「さーて、今日はなんの映画を見ますか!!?」

といえば、「今日はなんかアニメがよくない?」と返ってくるはずでした(2年前ならね)。

 

しかし、返答がありませんでした。

彼らは携帯をみていて、凄まじい速さでLINEしていました。

 

友人1「わり!奥さんと子供が待ってるから帰るわ!」

友人2「彼女にお弁当買ってきてって言われてるからきょうは帰るー」

と言われたのは、その5秒後のことです。

 

そして彼らは二人共、西武新宿線の方面へあるいていくわけですが。

この瞬間。この、「彼らには帰る場所と、帰りを待っている人がいる感」この感じ。

この感じ。

 

 

この瞬間に初めて(でもないけど)「結婚」という概念が生まれたんです。

小学3年生がタイムリープしていきなり高校2年生になって、「ほーそろそろ大学受験かー」っていうイメージ。

 

こういう、結婚したくない男はこの時代、友人の結婚(成長)によって結婚欲を引き出されるのかもしれないですね。

 

なので、もし、結婚したい女子がいて、でもその彼氏がまったく結婚を考えていないケースだったら、その彼氏の友人を戦略的に動かす必要があるとおもいました。

その彼氏の友人を積極的に結婚、もしくは同棲させるべきであるのです。

もしその彼氏の友人が彼女すらいなかった場合は、その友人が彼女ができるように全力でコミットすべきなのです。

 

もしその彼氏の友人が、彼氏と同じく結婚したくない男だった場合。その場合はもう、あきらめるべきなのかもしれないが!!

 

いじょうーー!!

 

どうでもいい話:ホストの友人との話編

彼と自分の会話シリーズです。チャラいほうが彼です。

 

「居酒屋って結構な確率でシーザーサラダあるじゃん。」

「あるね。」

 

「んで、俺めっちゃシーザーサラダ好きだからいっつも頼むじゃん」

「だね、今日も頼んでたよね。」

 

「そうそう!でもさぶっちゃけ実は迷ったんだよね、和風サラダにするか。」

「ふーん、んで、それがなに。」

 

「たまにさ、その誘惑(?)に負けて和風サラダを頼んじゃう時があるんだよ。そのときに実際に食べてみると、あーやっぱりシーザーにしとけばよかったなーっていつも思うんだよね」

「うん。」

 

「それだよそれ、俺が言いたいことは」

「は?。」

 

「俺結構、浮気して、ソッコーバレるんだけと、その浮気する瞬間と言うか前後は、”あー彼女のほうがやっぱいいな!”って思うわけよ。合コンとか行っても、”やっぱ彼女のほうがいいなー!”って思うわけよ、むしろ、その瞬間しかあんまわからないわけよ!本当に好きかどうかなんて」

「なるほどね。」

 

「まあ、つまりさ、何がいいたいかって言うと、浮気はNGだとしても、普通に合コンに行くのはオフィシャルに許可するべきだと思うんだよね、彼女は。もし彼が合コンに行って、その瞬間に彼女のほうが良いなーって思わなかったら、その程度っていうことだし」

「つまりは、”比較できるものがあって初めて、好きを再確認できる”ってことがいいたいの?」

 

「そう。再確認できなければ別れればいい。合理的じゃない?」

「合理的かどうかは不明だけどね、言いたいことは分からなくないよ」

 

「だからさ、彼女も、”合コン?全然好きに行ってくれば?きっと私のほうがいいって再確認できると思うよ”くらいの自信でこられてもいいよね」

「あー、ね。」

 

「まあ、結論はこうですよ、だから俺の浮気は引き続き止まらない」

「(笑) やっぱ、引き続きカスだね。」

 

 

 以上

最近のどうでもいい話シリーズ

パクりました!!(笑)

 

さて、どうでもいいことをつらつら書いていきます。

 

1.  最近はThe Chainsmokers(音楽)にハマっている

 −たとえばこのParisとか

 

2.  パリの来々軒っていう日本ぽい中華料理がまじうまい

 −これやばいよ、感動する。

 

3.  ドコモショップでソフドリ(メロンソーダを含む)が飲み放題なのがただただ熱い

 −2週間に1回はいく

 

4.  毎週2回位、スタバに行ってマグカップでイングリッシュブレックファーストティーラテのオールミルクを頼んでいる

 −ぜってーなにかしらあだ名付けられてるな・・・。

 

5.  いま東京でやってるドラゴンっボールのスタンプラリー制覇したい

 −本気で。

 

6.  そんなことより、We Don't Talk Anymore (feat. Selena Gomez)のPVに出てる女性がありえないくらい美しい

 −俺と話してほしい。 この人、女優じゃなくてdirector, cinematographer, and photographerみたいなので、そこもすごくいい。

なんとポートフォリオが通過した話

今の時代はきっと、自分の肩書は2つ以上あって人生を満足させていくのがいいと思っている。シーシャバーの店長兼クリエイティブディレクターですとか、かっこいい・・・。(笑)

 

まえのブログ

 

doneuni.hatenablog.com

 

で書いたとおり、いまクリエイティブ業界にいこうとしています。そんで人生初のポートフォリオっていうものを1日で作り上げて(これってたぶんだけど、クリエイターの美大生とかが持ち歩いているやつじゃない、自分のそれのクオリティが低くて提出するのはほんとに恐縮であった。)、メールで送りました。

 

そしたら、早速返信が来て、「ぜひ、1度会いたいので面接しましょう!」という形になった・・・!嬉しい!(笑)

 

なんとなくだけど、自分が起業家になるイメージはできる、大きな会社で働いているイメージもできる、しかし!

クリエイティブエージェンシーで働くというイメージがどうしてもできない。

そういうこともあり、そこに挑戦したいと思った!

 

という感じで、なんかもう会うのが怖いけれども、がんばろ。

こんな今も引き続き、ボルダリングジムを経営しています。

 

いじょうー!