読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

Tears of 99.


形容するにはちょっと違う感情を。




何かを文章にするとき。

その一つ一つの言葉選びは、
その日に読んだ本とか、テレビとか、

その他諸々に起因するのではないかと思う。



それが本当だったら、
今日の俺が選択する言葉たちは、

優しい言葉です。


自分は、良い人とか、やさしい人には到底なれそうにもないから、

「やさしい気持ちになれる本」



と書かれた、本に目が行ったわけです。




その本を大量に買って、群馬で一気に読んだ。

優しい気持ちになったであろう花塚は
この本の物語に一つの法則性を発見いたしました。



それは、


多く感動するには、それに相当する"先行詞"が必要となること。


なんだろうな、
難しいな。


困難の中、自己嫌悪の中

その中で、次を考えることが出来るか。
大きな失望の中には、それよりもっと大きな幸せと感動が隠されているんだと。


それを"先行詞"という言葉に。





いまいち論点が謎になってしまったけど、

優しいきもちだから良しとしました。