Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

英国


ものすっごい、久しぶりになりました。

最近は、ひたすら研究してて
その合間に勉強や読書している次第です。

そういえば、大学院留学の出願を始めました。
1番に出願したのはUniversity of Birminghamでもうアドミッションは進行してんのかな?
ッて感じ。

1番の志望校は、University of York
だけど、イマイチ自信が欠けます。

というのも、Personal Statement(自己推薦書, 大学院留学では非常に重要な役割を担う)
が少し甘い感じがしたかな、っていうのがある。

自己推薦書の質は、思考の質と本質をついているかというのが大事だと思う。
その中で、俺が神経を勉強したいを記述した中には
表層的なものが多かったかなっていう印象が強い。

だったら、まだ出願しなければいいじゃない。

って話になるけれど、

今がまさに出願時期だったのです。

9月にPSは完成させてて、それからずっと考えて、日々、内容の濃いものに校正していったが
まだまだ、甘い。全然甘い。


まだまだ、神経について自分で研究して。勉強すれば
さらに、質の高い内容にすることができたはずだ。


今、自分が重要視することは

思考の質を高めること。
考える事。

論理の矛盾がないと自信を持てるほどに考える事。


そのために、必要となる知識を得ることをやめない。

そういえば、今読んでる本は

・自分の哲学の構築、確立する本(自己啓発本等)
・新たな知識の上積みとなるもの(経済書等)

があるけど、基本的に自分の哲学構築本が多かった
それも、すごく大事だと思うけど、

今度から読もうと思うのは、

2個め!

すこし、難しいと考えられる本を読む必要があると思う^^*


以上