読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

成長できない関係

今日が、すごく良かったですか?

って聞かれたら、絶対にYESって言えないと思う。

1日1日、しっかりKPIを立てて、常に目標を達成していかなくては
ならないのだけれども

今やらなければならないタスクとやりたいタスクがあったとして

1日を今やらなければならないタスクで1日を使うように生産性を変化させていている気がする。
というか、絶対そうだ。


なんか、いつも、書きたいことあるな、って瞬間瞬間で思うんだけれども
すぐに忘れてしまう。
メモつける癖をつけよ。



Blogger(このブログ)が良いのは画像がピカサ(クラウドに写真が保存できるしかも自動で)と自然に連携していることなんです。
だから、日常的なブログが書きやすい。

たとえば、先日読んだ本とか、いったとこ、あった人の写真が載せ易い。

これとか、


この本、すごく面白かった。
細かいところを気にしていなかったら、最後の2行で固まった。

え。。??
って感じで、読み終わった後に、
頭の中で読み返してみる。そのときにわかってくる感じが

まるでパズルを組み立てているような感じで
完成に近づくにつれて、怖くなっていく。


そんな本。

さて、掲題ですが。

人生の満足度って、一概ではないけれど
思考の質に依存すると思っている。

最近、すごく思ったのは

付き合う人(女性)

なんか、ブログでこんなこともなんなんだけど
やはり、自分は付き合う人に求めるのは、思考の質または独創思考
とその他(ここではいえないやつ)

自分の想像にない部分を持つ彼女がほしい。
それ以外だったら、自分は成長できないと思う。

安定は、自分を殺しそうで
逆に、なんか常に追いかけなければならないような相手と付き合うことが

自分を成長させる。
そういう人に魅力を感じる(最後論点ずれたね)


さて、そういえば、先日
ある友達の実家に行っていました。

そこで1泊させていただき、帰ろうとした際に
その子の母親が

「あの子がこの先どうなっても、よろしくお願いします。」

という感じで、託されたような感じでお邪魔をしてきた。


なんか、他人の母にそんなことをいわれるのは初めてで

根拠もなく

「はい」

といってきた。

その言葉が、なぜかずっと残っている。
そして、このまま残りそう。



そしてそれが、ちょっとの今の自分のモチベーションになっている。