読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

パフォーマンスは信念が決める

ふと、いつものようにYoutubeですきな芸人の動画を見ていると(時間が有るときはいつも見てしまう)素敵な一言に出会った。

 

「(相方を)信じてくれる気持ちが1番素晴らしい」

 

1日1日、人生は意思決定の連続で、そこで決定された事を日々行っていくのだけれども、そこに信じる気持ちがなければ本当の良いパフォーマンスは得られない。

例えば今、神経科学という本当に未知な学問の扉を開け、その道を走っている(つもり)だけど、この道が本当に自分の人生を豊かにする道かはわからない。そもそも脳のことなんて未だ全然明らかになっていない時点で、脳への道が正しいかなんてわからない。

 

だけど、この道の先に、俺は可能性を見ている(見えている)。

 

脳科学は多くのPathwayで活用&応用ができる。

個人と個人の間でもBenefitを生み出す事ができると思っている。&何かビジネスを行うとか、革新的な事をするということを将来なっても、必ず、神経科学はその時に道を拓くヒントを成ることを、心の奥底、無意識と意識の曖昧な部分で100%信じている。

 

だから、勉強することに1さいの迷いはなく、ただひたすら追求することが俺にとっての”最終的な(未来的な)”幸せになるから、それを考えると、今の自分まで幸せになることが出来る。

 

例えば、何か仕事を選ぶにしてもそう。

”この仕事に何を信じているのか”というのが間違いなく必要。

これがなければ、絶対に(絶対とはいえないけど)モチベーションは下がると思っている。それは未来を考えることで現在の自分を幸せにすることが出来ないから。将来に可能性を信じることが出来なければ、”今、なんでこれやってるんだ”という形で迷うこととなるだろう。

 

だから、常に今の行動に、今選ぼうとする選択に”自分の信念”はあるか、と問うことが必要。

 

大きなお金が絡むとき。その信念が大事だということを忘れそうになる。

だから、そんなときにこと、自問自答が大事。

 

いま自分が行っている行動は、自分を幸せにしているか。 いま、自分が選ぼうとする道は、他人が決めた道ではないか。どんな可能性が見えているか。 将来に得られる幸せを考えるだけで、今の自分は幸せになれるか。

 

人生と幸福に可能性は大きな関係性を持っている。

 

IMG_20151108_145624 (1)