読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

結婚したくない男の話

比較的に仲の良い男の友人が結婚しました。加えて、すでに子供がいるそうです。これは驚きました。恋の終わりが意外と静かなように、友人の結婚報告も意外と静かでした。

 

ちなみに、ぼくはまだ結婚と言うものを1ミクロンも考えていません。1ミクロンがどれくらいか自分でも理解してないので、どれくらい考えていないかを例えると、小学3年生のサッカーに夢中になっている男の子にいきなり、

ねえ!行きたい大学きまった?センターは日本史Bで受験?

って質問するくらい。

そのくらい、まだまだなことだと思っています。きっとこう思っている25歳男子はまだまだ多いハズ!!なんですけど、そんな俺が「結婚」を2秒位意識したタイミングがあったのでそれについてかきますね。

 

これはいつも仲の良い3人で遊んでいたときの話。

 

私はイギリスに行ってたので、その友人3人であつまるのは約2年ぶりくらいで、いつもの新宿歌舞伎町のちかくにある映画館のあたりの居酒屋で2時間位のんでいるときに、「結婚したこと」と、「もう子供がいること」を聞きました。そしてその別の友人はもう「結婚を前提に同棲している状態」だということをその同じタイミングで知りました。

 

10時くらいにその居酒屋を出て、いつもだったらそのまま何かしらの映画をみるんです。その3人で。なので、いつもどおり俺が

「さーて、今日はなんの映画を見ますか!!?」

といえば、「今日はなんかアニメがよくない?」と返ってくるはずでした(2年前ならね)。

 

しかし、返答がありませんでした。

彼らは携帯をみていて、凄まじい速さでLINEしていました。

 

友人1「わり!奥さんと子供が待ってるから帰るわ!」

友人2「彼女にお弁当買ってきてって言われてるからきょうは帰るー」

と言われたのは、その5秒後のことです。

 

そして彼らは二人共、西武新宿線の方面へあるいていくわけですが。

この瞬間。この、「彼らには帰る場所と、帰りを待っている人がいる感」この感じ。

この感じ。

 

 

この瞬間に初めて(でもないけど)「結婚」という概念が生まれたんです。

小学3年生がタイムリープしていきなり高校2年生になって、「ほーそろそろ大学受験かー」っていうイメージ。

 

こういう、結婚したくない男はこの時代、友人の結婚(成長)によって結婚欲を引き出されるのかもしれないですね。

 

なので、もし、結婚したい女子がいて、でもその彼氏がまったく結婚を考えていないケースだったら、その彼氏の友人を戦略的に動かす必要があるとおもいました。

その彼氏の友人を積極的に結婚、もしくは同棲させるべきであるのです。

もしその彼氏の友人が彼女すらいなかった場合は、その友人が彼女ができるように全力でコミットすべきなのです。

 

もしその彼氏の友人が、彼氏と同じく結婚したくない男だった場合。その場合はもう、あきらめるべきなのかもしれないが!!

 

いじょうーー!!