読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

The man who has a iron willpower


減るもんじゃねーだろ

とか言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。
私の自尊心。
返せ。

今日からもう春休みのようなもの。
むしろ個人的観点で言ってしまえば、
大学生活のすべて夏休み。

ホント自分のやりたいことしかしてない!

ところで、以前言った

スタンフォードの自分を変える教室」
がやっとまとめ終わった!

読後感はそんなにvividしか感じはなかったけど

まとめてみると、ノート3ページくらい。


結論を先に述べると、

人生を左右するのは意思なんじゃないかって。



目標を達成できない最大の原因が意思力の弱さ。
出世も勉強も寿命も意思力がきめる。
決心をするだけを楽しんでないか。


そして何かの誘惑に駆られたら、

もう一人の自分(最強ver.)を召喚してこう言わす。

「いっときの快楽のために大事な将来の目標をあきらめて良いのか」

「だめやああああああああああ!!!!」
って嫌でもなりそうです。



あとは、

未来に行って見ること。


未来に行くだけで、意思力は強くなる!!



まだまだいっぱいあるな!


いっぱいあるけど、まとめると、


「本当に望んでいること忘れない」

ということ!


だから、ヤル気が
出ないときは無理に

やらなくちゃダメだ!って自分に厳しくしてはいけないんだと思う。

やりたくないときは、その感情にしたがって
何かリフレッシュする!
ただ、その、本当に望んでいることさえ確立した軸を持ってれば、

いろんなものがそれだけで見えるから!

自分にポジティブに肯定的に。


これがこの本の読後感です。

2013年は、鉄の意思を持つ男になるっ☆!