読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

Talking to my mother


「視野が広がる。」



って就活生はよく言葉にするけれど、
今、私はその事を実感しています。

大学1年生4月の時に描いていた自分の将来像と
大学4年生4月の時に描いている自分の将来像。



ここの間には、明確な違いがある。



「絶対に無理だ」と言って、考える選択肢にもなかった過去が
「絶対に出来る」と言って、選択肢の大部分を支配する現在。


「ここの大学院に行けるといいな」と思っていた過去の自分も
「ここの大学院には全然行きたくない」と考えている今の自分に。



「海外の大学に行くなんて、到底無理だと」思っていた過去も
「海外の大学院が、今1番立ちたいフィールド」と思う今現在。


知らないことを知るだけで、無意識に自分に自信がつく。
その自信が自分の視野と可能性を広げてくれる。



TOEIC800というちっぽけな肩書きパラメータだけでも、全然変わる視野。


それをいま、実感しています。



と、いうことで群馬に帰って参りました。

ちょっとした用事があったのと、親に言いたいことがあったのを言いに。



と、いうのはただ単純。

俺がやりたいこと、なりたいことを言っただけ。

正直、盛大に反対されると思っていた自分の考えも、
寛大に受け止めてくれました。

「私が反対したところで、あなたは関係なく、やるんでしょ。好きにしなさい。自分の人生は、自分で決めな。」


という、まさかの許諾を頂き、感激。



ありがとうっ^^*


そしたら、後は、自分が決断するだけなのです。



ただ、今の俺はほんとにチキン野郎で、

決断することをマジでビビってる。

保険なんてなく、勝負の決断。




ただ、勝率は、自分の努力で上げることが出来る。




けど、チキンモーーーーーーーード!



決めた、ゆっくり答えを出し、ここの宣言します。wow!

あーーーー

楽しくなりそうで、わくわくしそうで、想像するだけでも

心筋梗塞になりそうなくらい、興奮するぜ!笑




























This is my room.

いつ書いたか覚えてないHellow world(スペルミスってる)

こんにちは、世界!

からの地球儀。



ここが俺の一生の研究室。


ここから、世界に

そして、最期は



自分が集めた世界を、全てここに。





すべてを残して、遺書にこう書く。






『おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・・
探してみろこの世の全てをそこに置いてきた』





笑。(最後ちょっとふざけた)