読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

1年後の卒業に向けて、正しい方向を感じる

留学、大学院 日記 考えたこと

左を見るとオールドジョーと呼ばれる時計台が見えるソファーにいつもいつも座って、授業が始まるまえと、放課後にいます。最近ここで見たのは、アイムホーム。2日で一気に見てしまいました。

さて、イギリス生活3週間目です。ちょうど2週間前の今日に来てざわざわしてました。思うのは、もっと日本の本を持ってくればよかったということで、和書を買うにはロンドンまででなくてはならない。めんどくさい。ロンドンとバーミンガムは電車で1時間くらい。だから東京と群馬的なポジションにあたる。ダウンタウン(街の中心)は非常にうるさいけれども、待の外れにある大学はとても落ち着いています。落ち着きすぎていて逆に何も無いレベル。

今日は、大学内のスタバでデータ整理(今現在、各国のUnderstanding Levelの特徴などを分析して特徴を活かした授業を提案するプロジェクトが、日本・サウジ・中国の3人で走っています。)をしよと思ったけれども、やってない。となると、行き場がない。ので今日はカフェの開拓に行こうと思います。

イギリスに来る前は、この選択で正しいのかと不安になることがとてつもなくあったけれども、今ハッキリ見えるようになった。向かうべき方向と理想が見える(正確に言うと見えるというか感じることが出来る笑)。となると、今のペースでは与えられた期間でその理想になれるのか?という自問自答を繰り返しながら、ひたすらスキルアップを行ってくのみ。

どうしても、煩悩に負ける(日本語あってる?)ことがあるけれども、とにかく、Just do it!です。1年後の卒業に向けて!

IMG_20150610_214223