Twenties Dirtbag

イギリスの大学院で脳の勉強をしてきた25歳、今はボルダリングジムを経営中。基本的にどうでもいいはなしです。

同志の存在について


同志っていうのは、

同じ志をもつ者同士。


そういう人の言葉には論理性は必要ないと思うんです。


先日、新たな道が言ったと思うけど、

その道を選ぶべきなのか、否かは自分では分からなかった。


けれど、ある別の場所で、

「こういった違う道が見えたのですが...」

みたいな事を呟いたら、同志がメッセージをくれました。


会ったことも、話したこともない同志。


初めてのコンタクトで、最高のアドバイスを頂きました。




自分のやりたいことがあって、


本当にそれを成し遂げたいと思った時。



その思いは、アウトプットするべきだと思う。


同じ思いを持った人は、きっと見ているから。



予想外な角度からの、予想外なアドバイスは、


俺の人生を変えそうです。




新しい道は、


「就職」


です。



きっと、今の俺の選択肢では、これが1番可能性がある。




価値を高める、質を高める、視野を広げる選択肢。



根拠なんて、どこにもないけどね!






俺は、そう信じている。